人生実践あるのみ!やってみたもん勝ち

やらない後悔より、やる後悔を

小難しいわ

例えば、すごく有名なスピリチュアルティーチャーが「わたしはいない」と教えてくれても、 聞く人の段階というかフェーズによっては意味不明だったり、捉え違いは起こる。 さらに、話の切り口や例えによって複雑になったり、何を指しているのかがわからなく…

自分を救うのは、誰?

誰かや何かに救ってもらおうと思うだろうけど、実は自分で自分は救える。 別の言葉でいうと、 誰かに救ってもらおうとしている間は、自分を救えない。 自分を救えるのは自分だけ、他の誰でもない 誰かがあなたを救ってくれないことに文句を言ってはいけない…

わたしと現実と問題

ある架空の人物のストーリーをお話しします。 「わたしはサラリーマンで、会社では総務部に所属しています。 わたしは仕事は好きです。 でも、わたしの上司が本当に堅物で、昭和人間の典型です。 いまだにわたしにお茶汲みをさせるし、 上司の時代では普通だ…

抵抗すると続くというジレンマ

こんなことをいうと耳が痛いかもしれないし すごく抵抗したくなるのはわかります。 なぜなら、わたしもずっと受け入れられなかったので…。 でもあえていうと、 今、あなたの目の前で展開している現実は、これで正解です。 「そんなはずない!」 「絶対受け入…

最近、口笛を吹いたのはいつ?

ふと自分の口から口笛が鳴る時、それは誰が起こしたんだろう。 さあ!今から私は口笛を吹きます!せーのっ!って始めただろうか。 鼻歌でもいい 自然と「ふんふふ〜ん♫」歌い出している時、その歌い出しは、どこから来た? 口笛なら、誰がその唇を尖らせ、 …

丁寧に生きる

「丁寧」っていうと「作法」や「ルール」があるように思うけれど、実はちがって、ただありがたいなと、「動作する体」を意識することだと思う。

なかなかやめられない旅

あなたは歩いている。 きっとこれは「旅」だろう。 あなたはリュックを背負って歩いている。 目は、まっすぐ前に向けられて「未来」をみている。そして「未来」を目指して歩いている。 あなたの背負ったリュックから、何かが道に落ちている。あなたは穴の空…